スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリの贈り物

     タカ爺の家は、築50年以上たっており古い。  家の一部は、かつて使われていた古民家の一部が再利用されていて、良い木が使われている所と、足し前の有り合わせの材木で間に合わせたような所が混在している。  最近、急激に畳がフカフカするので、修理しないわけにいかず、大工さんに診てもらった。

     木の一部が腐っただけと思っていたら、原因はシロアリだった。  これは大変な作業になると覚悟を決めていが、いざ畳を上げてみると、一部だけが酷く腐っていて思ったより食われていなかったのが不幸中の幸いであった。

     後日、全部畳を上げて作業を始めたら、床下に黒いビニール袋が口を閉じられて横たわっていた。  あれは何だとばかりに、お吟は隠された埋蔵金でも・・・と、思ったらしいが、そんなのあるはずないのじゃ。  一瞬夢を見ただけで、ただのゴミ。  大工さんが言うには、埋蔵金なら隠し扉があるとのこと。  いくつになっても欲は消えぬものじゃ。

     お吟は、もはやこの家は、あまり長く持ちこたえられないと考え、壊すのも時間の問題と思っていたが、手直しすればまだ長く持つと大工さんに聞かされた。  しかし、この使い勝手の悪い家は、建て直した方が良いと思うのだが、その後住むのがお吟だけという事で、どうするかはお吟次第となり、なるようにしかならないという感じである。  お吟にとって、良かったのか悪かったのか全くわからない。   埋蔵金発見の瞬間的な夢が、シロアリの贈り物だったようにのう。  将来の方針の決断の決め手にはならないかったのじゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。