スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪役の日本

     最近の領土問題、日本人として非常に屈辱的である。 中国と韓国は日本をどこまでも悪役にする。 国民の結束に、反日は好都合な材料だからのう。 政治、経済に対する不満のエネルギーを日本に向ける、反日運動という戦略。

     あんなに反日教育をして、それが勉強だと思っているのじゃ。 子供は教え込まれりゃそれまでじゃ。 そういう日本では、正しい経緯と認識を政治家は持っているが、国民が完全に知っているとは言えない部分もある。 

     尖閣に上陸した中国人活動家は、帰還して英雄扱いされ、再度挑戦する計画を立てているらしい。 体当たりで船にぶつかったり、叫びながら危なっかしくレンガを投げるあのやり方に此方は首をひねる。 なぜ、日本の領土なのかという日本の説明を聞いた事がなくてやっておるのじゃあるまいな。

     未来志向で両国は良好な関係を築いていくと、トップレベルで言いながら、自国の未来だけ考えて都合のよい時だけ友好国になるのが現実。 日本もすっかり馬鹿にされたものじゃ。 都知事が怒るのは同然じゃよ。  
スポンサーサイト

スポーツ

     ロンドンオリンピックは無事終了した。 アスリートというのは立派じゃ。 メダルを目指して、毎日厳しい練習をして楽ではない。 そこまでやらなきゃいけないかと思うくらいじゃが、世界と戦うとなると練習がエスカレートするのだろう。 

     タカ爺は若い頃何も考えずに生きていたので、今更目標を決めて頑張るのは大事だと思っておる。 だから、せめて決めた事はちゃんとやるという自分のレベルでやる事にしておる。

     平和の祭典と銘打ったオリンピックだが、平和とは言えない世の中は、いつも変わらないな。 皮肉にも、竹島問題がサッカーの表彰で問題になった。 選手というのは、負けないつもりで戦う精神的強さがなければ、気持がくじかれてしまうので、いつも強気になるようにしているのじゃろう。 これも、出来そうで出来ないのじゃ。

     オリンピックに出る以上、国の代表選手として出場するので背負うものが大きい。 それでもやってやろうという精神力の強さは見事である。 本人にしか解らない感動や絆もあると思うが、全てプラス思考の頂点と言えるじゃろう。   

後を絶たないいじめ

     子供が自殺に追い詰められるいじめ問題は、奥が深く、悪質になってきているようじゃ。 本当にかわいそうな事をした。 教育委員会の事件後の対応にも驚き呆れる。 悔しい気持ちで一杯じゃ。 大して出勤しないで給料をもらう、天下り先のようだからのう。

     いじめや嫌がらせは、大人になっても起きる。 暴力は加えられなくても、それに近い事だってあるのじゃ。 弱ければ、流されて強いグループの仲間入りじゃよ。 モラルの低下は、親の世代からの社会的影響も関係ある。 被害者の親として、無念の思いは計り知れない。

     今は、私立の中学に行く傾向が強く、いじめ問題が起きているは公立校のようじゃ。 タカ爺は、ようやく全てにおいて格差が広がって、大変な事になっていると感じた。 被害者になった子供は、転校してうまく逃げられなかったのか・・・タカ爺は、転校する事を勧める。

     すぐ逃げだすタカ爺だから、そんな発想をするのじゃ。 本当は、立ち向かって生きる強さが欲しいが、その人の気質にもよるし、身近に手本を示す大人が少ない。 生きていれば良い事ばかりではない、自分なりの生き方ができるものじゃ。 何とか生きていて気付いた時には、人生の終盤に差し掛かっているのじゃ。 
プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。