スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護の問題

     今話題のお笑い芸人の母親が、生活保護を受給していた問題。 現在、その芸人は高収入だが、不遇な時に母が申請してそのまま給付を受け続けていた。 仲の良い親子であったらしい。 そうかと思えば、申請が認められず、飢え死にしたケースもあった。 給付を受ける基準や条件をはっきりさせ、罰則を設けなけらばならぬと思うのじゃ。

     家庭の事情と、親族の関わりは非常に複雑で、役所の人間が細かい所までチェックしてられないと思う。  とっくの昔に縁を切った親族に、突然扶養義務が出てきたら、対応できない場合や、踏んだり蹴ったりの被害を被り、迷惑問題に発展しかねない。

     日本は財政難で、消費税を上げると訴えているのは、年金や生活保護の受給者が増えているのが大きい。 それにしても、生活保護を受けている人は増加の一途で、元気な若者に及んでいるのが現実じゃ。

     病や不幸に見舞われる場合もあるが、本人の不徳による結果なら尚更、しっかり生きる心掛けがなければならぬ。 保護給付額が国民年金以上である事も手伝い、貰い得だという感覚が出てきている風潮があるとタカ爺は見ておる。 だから、政府は基準をはっきりさせ公表せよ、と言いたいタカ爺である。
スポンサーサイト

マンガ

     タカ爺は漫画を読んでおる。 それは珍しいのじゃ。 偶然、姪の漫画を読んだ時にはバカバカしくて呆れた。 今時の女子高生の考えている、こんな変な漫画読んでどうするのかと。 それに反して、今読んでいるのはなかなかじゃ。 面白いのと考えさせられるのと両方で、楽しんでおる。

     お吟が子供時代に読んだ少女漫画は、ジュニア小説風の夢見る恋愛やら学園ものであった。 韓流ドラマにはまるのオバチャマ達は、あの当時の漫画の延長線上にあるのではないかと分析しておる。 良く言えば乙女チックなのか。

     漫画のせいで、タカ爺は日常生活でもギャグを飛ばしそうじゃ。 無意味に思えていた事が、何だかまんざら無意味ではないという気分になっている。 おかげ様で良い刺激。 飽きもせず結構読んでいる。

     暫く笑っていられるというのは、精神衛生上良い。 笑える、というのは幸せな事じゃ。 泣きたくなる事が多かっただけに、漫画に慰められた感じがする。 知らない人が見たら、タカ爺は笑っているのに、口を開けて舌なめずりしているように見えるかもしれないが。     

スピリチャル本

     作者お吟がスピリチャル本を読んでいる。 丁度ブームらしい。 何やら宗教っぽいが精神性を考えるとそうなるのじゃ。 「願望を実現する」とか「生かされている」とか。

     お吟は、良く言えば素直で、悪く言えば騙されやすい性格じゃな。 偶然、占い師に洗脳されてしまった芸能人が、今話題になっている。 お吟も本を読んで洗脳され、納得しながら気持ちを前向きにするが、続かないので洗脳されたとは言えない。

     現実に引き戻されて、悩み苦しみに耐えねばならぬ人生に疑問を持って振り出しの自分に戻る。 結局、そうになるのは信念が弱いのじゃよ。 一時の感情に流されず、もっと大切な事に時間を使えば良いのじゃ。 と、他人ごとのように思う。

     丁度、オリンピック代表選手の選考争いをやっているが、あのように無心に全力でやればよい。 と、人の事だから簡単に言える。 あんな技を繰り広げて凄いが、それが何じゃ、と思ったらやってられないのと同じ。 気付いた時には、タカ爺のように歳を取っておるのじゃ。 ところが、遅きに失したと思うのがマイナス思考なのじゃな。 肝に命じよう。
プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。