スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い期待

     タカ爺は、楽観的な性格とは言えないが、甘い期待を抱いてしまう。 やはり現実を見極めるのは大切じゃ。 体調を崩しておったせいもあり、現実的なつもりでいたが見極め方が欠如している点があったと反省する事もある。

     賭けごとでも人間関係も同じじゃ。 基本的にお金を借りない、貸さない。 相手に期待しすぎても、甘えすぎてもいけない。 恋愛も賭けごとも、極端にのめりこんではいけない。 臆病になりすぎてもいけない。 論理的に程良く、というのが簡単なようで案外難しいのじゃ。

     性格的に個人差があるものの、人間関係を合理的に運んでゆくというのは、自分自身も周りの人間も居心地良くしていられる条件につががる。 しかし、そんな方法が簡単に身についているものではない。

     そこで、考える習慣を身につけると良いのじゃ。 そんなの当たり前!! 考えてやっているに決まっている、というのは自分の思い込み。 甘い考えだった、と後で思う事もある(それに気付けば良い方じゃ)。 考えが自分の基準に合わない場合は、沸き起こった感情だけに頼らず、考えてから対応する習慣を身につけると良いのじゃ。  
スポンサーサイト

ストレス解消

     ストレス解消と言えば、おいしい物を食べる、買い物、旅行、スポーツと色々ある。 ワシのように引退してしまうと職場のストレスは無いが変化が少ない。 だから楽しみはたくさん持っておいた方が良い。

     「楽しみ」というと、趣味じゃが、かつて一生懸命覚えた事を完全に忘れてしまっていたりすると、ショックというか絶望的な気分になる。 それが、そう遠い昔にやったことでないだけになおさらである。 これでは結局何にもならないのではないか、と思うと無念じゃ。

     しかし、一生懸命やっている時が一番良いとするべきじゃな。 誰でも楽して良い結果を出したいと思いがちだが、これはムシの良い話と考えよう。

     タカ爺は、これ以上器が小さくならないよう、日々努力することにする。 現実を受け入れ、小さい器ながらもそれなりにまとまらなければどうしようもないからのう。

宇宙の神秘

     日本人宇宙飛行士が、今大活躍で仕事に取り組んでおる。 本当にすごい。 タカ爺は細かい計画は知らないが、次々と発見があったり、思いがけない事がきっかけで新規事業につながったりするのじゃろう。

     考えてみれば地球が何から始まりどうなってゆくか本当の所は謎じゃ。 人間が死ぬならどうして生まれるのかというのに似て、進化しながら最終的にどうなるのか解らない。 何らかの不安の元はそこにあるのか。

     永遠に若く生き続けるとなったら、良い時は良いがどちらかというとたまったものではない。 どこの国でも宗教が生み出されるのが解るような気がする。 宇宙を理解するなど、タカ爺のような俗人には考えても仕方のない事じゃ。

     タカ爺の残された時間は砂時計に残ったわずかな砂のような状況じゃ。 海外へ行くのが珍しくなくなったところで、そのうち宇宙にも一般人が行けるようになる。 砂時計が無くなったら、魂だけ行く事になりそうじゃな。 完璧な宇宙遊泳じゃよ。

民主党

     政権交替で期待された民主党だが、ここまで期待はずれとは思わなかった。 政策に信念があるようで、実は全然駄目ではないか。 財源確保に自信を見せ、天下りを無くして税金を必要な所へ回すのは簡単な事ように言っていた。

     やっと民営化しつつあった郵貯も変に元に戻す。 事業分割により地方が困るなら、条件付きで例外的なやり方をするくらいの融通が効かないのには驚きじゃ。 しかも貯金限度額を引き上げたら、その預貯金は国債に回ってしまうようなもの。 良くそんな事するものだと、素人のタカ爺でさえ解る事じゃ。

     基地問題は、沖縄の代替案は昔から言っている事で、今頃どうするか検討するなど信じられない。 沖縄の基地縮小という事で民主党には考えがあって、騒音に悩まされる住人の助けに本当になるのかと思っておった。

     子供手当、高校の義務教育化もさっさと決めたが、そんな事続けられるのか。 働ける環境を整えてほしい、という国民の意見は無視されているとしか思えない。 どうしてこんなにメチャクチャなのかタカ爺は絶望的な感じがしておおる。 駄目な日本の政治じゃ。

     一瞬昔の自分に戻る時があるが、良い事で戻れれば良いが、嫌な事が甦る事もある。 考えてみればそんな状況に遭遇するからじゃ。 今は余裕じゃな。

     毎年咲く桜にも、若い時は感傷的気分に浸った事などなかった。 しかし、この頃は違うのじゃ。 昔の自分を思い出したり、桜が雨に打たれやしないかと思っている所へあっさり雨に打たれるのを内心悔しがっておる。

     タカ爺は自分のペースで生きるようになったので、のんびりする傾向があるが、せめて向上心を持ち続け、桜のように一瞬に散っていった人達の事を考えてみようと思っておる。 これも偶然が重なったのじゃ。 そこへ忘れていた光景が甦った。

     桜が散っても、旅に出てまた桜を拝もうと思っておる。 日本人の魂が散った場所、たくさんの桜がある場所へ。 タカ爺は呼ばれているのかもしれないな。

     
プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。