スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編み物

     タカ爺は手編みのセーターなど好きじゃ。 かつて、彼女からもらった思い出があるからだとは言わぬ。 今は手ごろ価格で良いのが買える上、忙しい世の中なので、単に楽しんで編む余裕はないのかもしれない。 楽しめる事が多いからのう。

     作者お吟が、鍵編みで靴下カバーを編んでおる。 古い残り毛糸を使ってメチャクチャなボロ雑巾のような物が手元で揺れ動いておる。 消耗品だと思って、あのような信じられない物を作ってるな。

     編み物は、単純作業を繰り返すようでも、脳の活性化につながっているらしい。  変化の速い風潮の中で、ゆったり昔風な編み物は懐かしさを覚える。
 
     作品はできていく楽しみと出来上がりの楽しみがある。 スポーツや語学などは練習しても上達が解りにくいが、物造りは完成品を手にする嬉しさがある。 自分の考えている物を具体的に理想の形で残すというのは、物造りを得意とする日本人の性格に合うのかもしれない。 
スポンサーサイト

氷河期

     若者は就職難と言われ、リストラに合った人々はどんな仕事でもやるという意欲を持っている人が多い。 どうも足元が冷え冷えとすると思ったら就職氷河期なのじゃ。

     それなのに、介護の仕事は人手不足。 資格を取らなければならない上、重労働で安い給料なので、やる気があっても生活苦を理由に現場から若者が離れていっている話は以前から聞いている。 それでいて、インドネシアやフィリピンから助っ人要員を加える。 事実上、彼らは期限付きで帰国の条件を突きつけられたみたいな方法じゃ。

     医師不足で、今頃になって医者を増やす方針を出したが、たらい回しをして患者を死亡させてからの事じゃ。 農業の問題も、手を打つのが遅すぎる。 産業の隙間に仕事はあると思うのじゃ。

     資格や経験がなくても、補助的仕事があるはず。 仕事のない人に、仕事を回すというのはそれ程難しい事なのか? 難しい交通整理とは思えないが、それが政治か・・・ 氷河期。 益々、寒いのう。

身分社会

     日本は敬語が発達しており、正しい敬語が使えない若者が増えたという話を耳にする。  日本の社会は、身分身分という事でたとえバカ殿でも殿様として生れれば殿様として生きていた。

     インドのカースト制度も同様、その国の人でなければ知りえない苦労があるのじゃろう。 会社組織でも、上下関係がはっきりしていれば役割が決まり、敬語が必要悪と言えるかもしれないと、今になってワシは思う。

     ワシは相手によって言葉遣いと態度を変えるのが、裏表の使い分けみたいであまり好きではない。 好むと好まざるとに関わらず、この国に生まれたのじゃ。  アメリカのように自由で対等な言葉で話せるのは羨ましいと思った。 だが、それも解らぬぞ。 本音がどこまで通用するか・・・

     本音と建前などと言って、適当に合せているようだが、他の国も同じじゃ。 「空気読めない」という流行り言葉があるが、人は皆それぞれ感覚が違うので、深く考えずに距離を置くことじゃ。 間違ったとらえ方をされても、こだわらないようにする。 ワシは、世捨て人になったからそう思っておるのじゃよ。

海外旅行

     タカ爺はあまり旅行はしていない。 今年は旅をしようと思う。 ワシの境遇は家族旅行をするというふうにはいかなかった。 若い頃、は一人旅をしたことがあるが、楽しむための旅なら、仲間がいた方が良い。

     誰かと一緒に行くとなると環境条件が加わり、歳を重ねると難しくなる。 目的のある旅行だと、年齢に関係なく一人旅をするじゃろう。 思い立ったら吉日とばかり、むしろ一人の方が行動しやすい。

     ワシも便利なパッケージツアーを利用して、円高の波に乗りたいものじゃ。 ところで日本人を誘拐すると、身代金を払うのが常識となりターゲットになり易い。 先日のエチオピアの誘拐では、身代金を払っていないと言っていたが、どのように人質を解放させたかは定かでない。 帰ったら肉じゃがを食べたいと会見しておったようじゃが。

     なんだか旅行を楽しむというより、ワシの場合、どの道見収めという感じがしなくもない。 しかし、ヒクヒク生きてる人質では誘拐犯も気が気ではないな。 ざまぁ見ろ。

冬景色

     イスラエルとハマスの紛争は、これからも深刻になっていきそうじゃ。 何度も戦いを繰り返し、全く気の毒じゃ。 停戦したかと思うと、また始まるのでいくら手を尽くしても限りがない。 そのたびに一般人が住む所を失うのだ。

     住む所を失うといえば、日本も新年早々、派遣切りで突然住む所を失った人が多い。 テロにしても失業にしても寒々とする世の中・・・ 今は冬。 どこを向いても冬景色。 冬本番、ヒンヤリ ヒヤヒヤ凍える身と心。

     そこで、信念を持って立ち向かおう。 自爆テロも信念を持って行動しておるのじゃ。 神仏におすがりしてみるか・・・ 皮肉な事に紛争真っ只中の国は、神様がついている国なのじゃ。 アラーもイエスも唯一の神ではないか。

     派遣村の人への救いが、日本政府では全然頼りにならぬ。 パワーが無い。 しかし、頼りになる神様がどちらも強いパワーを発揮すると、勝負にならないのか。 寒い話にパチパチとする音。 村人のたき火か、それとも撃ち合いの音なのか。 寒いのう。

年賀も一通り

     一昔前は、自宅できれいに印刷できる機械ががあれば、年賀状をたくさん出す人は便利であった。 更に、今はパソコンのプリンターやカラーコピーの普及で、きれいな印刷が手軽にできるようになって、美しさの感動が薄れた。

     印刷されているのが、むしろ当たり前みたいになり、気づいてみると全てを手書きにするケースは少ない。 ワシは数枚しか出さないので、プリントするまでもないと思い手書きにしたら、逆に珍しがれたのじゃ。

     時代遅れにならないよう、プリントした年もあった。 賀状は形式的になってしまい、あまり意味がない気もするのじゃが・・・ それは自分の置かれた心境、環境、年齢で異なるのかもしれない。 思うに、メールの賀状でも十分じゃ。

     なんだか、賀状とは生きている証拠連絡に代わる可能性が高くなってきた気がする。

新年

     新年早々から、半ばホームレスになりかかっている人への炊き出しや宿泊施設提供のニュース。  短い間にこのような状況になってしまうとはなぁ。 誰でも健康でさえあれば、何とか大丈夫だと思っていた事が、一般的な感じ方ではなくなってきている。

     ワシは今後インフレになると思っていたが、逆にデフレになる気がしておる。 人生設計を立て目標を持てなければ、守りの体制になる。 安くても物を買わなくなり、さらに値下げじゃ。 デフレを脱却したと思ったら、逆戻りの可能性が高い。

     オバマ政権は、まだ動きだしていないが、これから大変じゃろう。 昨年の株価の下落から実体経済はこれからじゃ。 石油も一気に上がったかと思うと、あっという間に下落じゃ。 ところが、ワシはまた上がると考えておる。

     どの時代も大変なのじゃ。 平和なだけまだ良い。 テロや暴動の犠牲となった死亡者の数を報告している国もある。 現実は現実として、この時代を生きなければならないのじゃよ。
プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。