スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休

     良い季節の連休が巡ってきた。 それにしても、ガソリン税の件、クルクル方針変えて政府はよくこのような混乱引き起こしていられるよ。 ましてや、移動が始まる時期ではないか。

     ワシは今となってはいつも連休のようなもので、あまり出かけないのじゃ。 昨日のTVを見て、少し脳を鍛えるつもりで行動しようかと思った所じゃ。

     寒くないし、花粉もそろそろ飛び終わり、遠くへ行かなくても色々な雑務をやってゆこうという気になった。 引退してのんびりする傾向は強くなっておったから、どうしてもマンネリ傾向が出ておった。

     脳を鍛える意味で短時間で集中させるという事は、習慣として身につけておくと良いようじゃ。 まずは、気付いた時だけでも良いから頑張ってみよう。 少しは可能性がある。
スポンサーサイト

裁判員制度

     新しく裁判員制度が始まるが、興味ある事じゃ。 一般の人にはあまり縁がないだけに、思い切った方法を取り入れたので驚いておる。

     扱う事件は、小学生でも善悪の判断できるような内容でなく、重大事件で判決に悩むものに限られるらしい。 辞退できる条件はある程度決められているようじゃが、事実上数日間裁判のために拘束されて大丈夫な人は少ないじゃろう。

     内容に関する守秘義務があり、これは難しいと思う。 話として、家族や友人と相談してしまう場合もあるからなぁ。 むしろ、それが普通の成り行きなだけに大変じゃ。

     ワシは話が舞い込んだら、時間的余裕があるので大丈夫じゃ。 若者なら今後の人生に役立つ、良い経験になると思うが・・・

流行

     最近、チューリップがあちこちで折られておる。 それが伝染したかのように、別の地域でもチューリップだけがもぎとられる。

     硫化水素で自殺する人が現れると、また別のところで同じようなやり方が続き、近所の人達が避難しておる。 ホテルで起きると同じように宿泊客を避難させている。

     何かのヒントで自分も行動するのは良いと思うが、見本とする事がどうも首をかしげたくなる。 

     聖火ランナーの周りも、他の国の抗議を真似てやっているようにも見えてくるではないか。 自分なりの訴え方があるはずじゃ。 タカ爺は流行を気にしたりはせぬ。 

タカ爺のたわごと

     寒さが去って、今は湿っぽい風。 現れた黒雲が形を変えながら素早い勢いで流れている。 童心になってその雲が広がりながら消えてゆくまで走って追いかけてゆきたい。  思いっきり。

     人気のない景色は何故かどんより。 音もなく樹の葉が揺らぐ。 

     今にザーッと来るぞ。  それとも、ピカリ! ゴロゴロ!

     ワシは歩きながら、膝が痛くてコロリじゃよ。
     

タカ爺のたわごと 

     最近食糧危機が取り立たされておる。 幸い日本は危機的状況の国に比べると、今のところ深刻ではないが、いずれは深刻な問題になるようじゃ。

     バイオエタノールから始まり、トウモロコシの価格急騰、つられて家畜の餌が上がり、それが製品に影響が出ている。 確かに、外国でもマグロを食べるようになりあらゆる食品が値上げになっているのは確かじゃ。

     石油を絡めた投機マネーも大きな影響を与えている。 世界的には人口は増えているが、日本は老人国になって大変じゃよ。 若者が仕事を求めて海外に出ていくと、益々老人ばかりになる。

     霞食って生きる以外うまい方法は無いな。 昔のように質素な生活を送る事になるか、物価の安い国に行くしかない。

タカ爺のたわごと

     新しい医療保険制度は、国民に負担させるの手っ取り早い方法としか言いようがない。  年金をはじめ社会保障制度がまるっきり、いい加減ではないか。 ここへきて物価が上がっておるのに。

     さんざん政府は税金の無駄遣いをしておきながら、景気が悪くなって税収が落ち込んだら国民に幅広く負担させて片づけておる。 これはけしからん。

     医療費がかさむというのは、長寿社会になって予測ができる事であったはずじゃ。 それでいてヘルパーが働きやすい条件を整えない。 制度づくりに難しいことばかりではないのに。
 
     なんだか、お金のない老人はさっさと死ねと言わんばかりじゃな。 しかし、死ぬタイミングを選べないのだからなあ。 ワシも歳をとったのじゃ。

タカ爺のたわごと

     聖火リレーが危険を伴い各国で困難をきたしておるようじゃな。 中国人は面目丸つぶれという気がしてならないに違いない。 平和とスポーツの祭典じゃからな。

     チベットという国は昔ながらの生活を続けているようじゃが、国民性というのはいま一つ日本には伝わって来ない。 亡命したダライラマが非暴力で長い間独立を訴えているが、どうした方が良いのかワシには見当がつかない。

     中国政府は、相手を尊重する必要があるのは確かじゃ。 台湾に、対しても同じ事が言えるじゃろう。

     どちらにしてもグローバル化しているので、影響を受けていくのは時間の問題かもしれぬ。 中国には色々な部族がいるらしいので、平和的にまとまっているというのは難しいであろう。 

タカ爺のたわごと

     この頃、北朝鮮、拉致の問題が以前に比べるとあまり話題にされなくなってきたが、早く解決しないものか。

     それにしても、知れば知るほど恐ろしい国もじゃな。 国民もまた犠牲者なので、気の毒としか言いようがない。 それにしても、手こずる相手。 しかし、ああいう独裁者の性格の持ち主は意外と多いのかもしれない。

     権力がないから、国を支配できないだけで似たような人はおるものじゃよ。 狭い世界の中でやりたい放題、言いたい放題の人間がいるから。

     ただ拉致問題は、裏の裏がありアメリカも含めて色々な計算がある事じゃろう。 どの国も、自分の国のことで大わらわな事は確かじゃ。 しかし、日本の失策には時としてうんざりする。

タカ爺のたわごと

     春らしく桜が咲いて、もう暖かくなるのかと思うと寒い日もありワシも体調を崩しそうじゃ。 

     テレビを見ているとセクハラ事件は後を絶たずに、次から次へと起こっている。 後先考えずに衝動に駆られて、後悔する暇もないようじゃな。 後悔するも何も、どこ吹く風で生きていくつもりでおるのじゃろう。 失うものを恐れていたらやらないからのう。 

     ワシは最近、足が痛いので元気を失いかけておるが、やはり坦々と生きるに限る。 無理な全力疾走も、絶望的になるのも考え物事じゃ。

     そう思うと、心配をよそに現実を受け入れて忙しくしていれば良いのじゃ。 必ずしも世間の物差しで測らなくてもよい場合もあるからのう。

タカ爺のたわごと

     ワシはパソコンは苦手なのじゃ。 おかげさんで、時間があるから少しづつやっておる。 それでも、何とかさわれるようになったので嬉しく思っておる。 無理せず、厭になったら中断してまた気分を変えてからやるのじゃ。 

     それを思うと、受験は相当の忍耐が必要じゃな。 また後で・・・という訳にいかず、長い期間集中させるのはかなりの忍耐が必要じゃ。 投げ出したくなるのは解る。 ワシの場合、今となっては、そういう事からは開放させられているが。

     効率的に何でもできると良いのじゃが、それがまた難しい。 継続もまた難しい。 

     ワシの場合は、燃え尽き症候群にはならないタイプで、あまり全力投球は得意ではないのじゃ。 というより、意志薄弱というのがピッタリ。 しかし、強い意志を持ちたいと思っておるのは確かじゃ。

タカ爺のたわごと

     年齢とともにこだわりが少なくなるものだが、幾つになってもリセットするのは難しいときがあるものじゃ。

     覚えなければいけない事は覚えられなくて、忘れたい事がふと思い浮かんできたりする。 関連のある事に遭遇すれば、思い出してしまうのは仕方がないのだが、時間が解決する事もある。

     年をとっても前向きにならねば・・・ オリンピック選手のように、目標を持ってそれに全力を傾けるのじゃよ。 ところがそれは意外と難しくて、挫折もあるのじゃ・・・ メダル獲得のため犠牲を払う事も多いのに、選手は良く頑張ると感心しておる。

     日本人は忙しくしているのが性に会うのは、そんな所もあるかもしれない。 雑念に振り回されないようになれるからのう。 意識的に忙しくするのも悪くはない。 ワシも、たわごとばかり言ってはおれん。

タカ爺のたわごと

     最近はドバイの映像をテレビで目にするようになった。 石油で潤っているのはワシが若い頃からの話じゃ。 ひと昔前から原産国の強みで石油の恩恵を受けておった。 

     しかし、最近の事情はオイルマネーが動き出したことで世界中が影響を受けているようじゃな。 

     それにしてもドバイは凄い変わりようじゃ。 羨ましい話ではあるが、欲しい物は何でも買えて困る事無し。 医療費、教育費は無料。 生活は宗教がコントロールしているので、それが良いのか悪いのかさっぱり解らないではないか。 きっとそれで良いのじゃろう。

     国の事情は国民性に繋がってゆくのじゃろうな。 国民性が国の事情を変えるとも言える。 鶏と卵のどちらが先かみたいに。 

タカ爺のたわごと

     春の入学シーズン、新しい環境に飛び出す人もおる事じゃ。

     思えば若いころのワシは、今と違って気が小さかったと思う。 リスクを恐れて当然じゃ。 しかし今になってみると、慎重にするのも大事なことだと思うのじゃ。 

     スケベ占い師の今となっては、あの時こうしておけば・・・と、思うこともあるが。 よく考えてみると、どちらへ転んでも同じであるという結論になるのは歳のせいかもしれないな。 

     日本人は人生を楽しむ精神に欠けておる。 楽しみ方も色々だが、やはり楽しむのは人生後半になってしまうなあ。 若い時に楽しむことばかり考えて生きるのは、できそうでなかなか難しい。 だから、日常生活の中で、ちょっとした楽しみを持つ心がけが大事じゃよ。

タカ爺のたわごと

     それにしても中国はすごい勢いじゃのう。 台湾をはじめチベット問題にひるまず、あの強気の姿勢には参ってしまう。 戦没者を祭る靖国問題も、一歩も譲らない構えではないか。

     これからは、日本はアメリカより中国を重視していくことじゃろう。 アジアの時代になる事は嬉しくもあるが、脅威的な感じがしなくもない。 

     つい数年前までは、ニュースをつければまずアメリカの話題だったものじゃ。 今は、イラクと大統領選挙、サブプライムの話題は出るがひと頃よりは薄れた存在になりつつある。  夢と希望とチャンスの可能性を秘めた輝かしい国アメリカが、まぶしかったのはついこの前までの話じゃ。 しかし、さすが大国としての魅力は十分あると思っておる。

     しばらくは、中心になって動く国がなく変化が多くなるじゃろう。 日本も成長が止まり大変なのじゃよ。

タカ爺のたわごと

     今の時代は、富裕層と貧困層の二極化が進んでおる。 ワシの頃は、ほとんどの人が中間層に属すると考えておったものじゃ。 ある意味、ぬるま湯的な環境だったのかもしれない。
 
     今は、豊かで良い時代になったが、考えてみるとどの時代を生きたとしても大変なのだとつくづく思うこの頃じゃよ。 子供が子供らしく遊べないのだから、それもまた本人にとって楽な時代を生きているとは言えないのじゃ。 それはサラリーマンでも全く同じ事。

     どうしてこんな事になってゆくのか。 成熟した社会に突入すると、こうなってしまうのじゃな。 時代の流れと急激な変化が加速しておるのじゃよ。 しかし、チャンスも多いとワシは考えておる。 

タカ爺のたわごと

著者マドンナお吟が風邪ばかりひきやがって! タワケメ!
しかし、人の身体はそれぞれだから責められないのじゃよ。 体調を崩すと弱気になるからのう。 
今は花粉が舞っていてそれに苦しむ人も多いのじゃ。 すべて地球環境が変わりつつあるのを、身をもって感じさせられるこの頃じゃ。 
ワシの占いは当てにはならぬが、地球滅亡の予言も出ておるからのう。 ワシは地球温暖化防止にはちゃんと協力できる所ではやっておる。 豊かさの追求の結果と言えるのか・・・
プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。