スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資源

     ペロリン国とはどんな国だ。 タカ爺はその国の未来を占ってみた。 「崩壊」「資源国」と、占いで解るのはそこまでであった。 国が崩壊するとはどう云うことだ。 経済の行き詰まりだろうか。 他国と接触を持たなければうなずける事である。経済に関しては、日本も楽観出来ないがやはりどの国も問題はある。280


     一体ペロリン人はどのくらい日本に蜜入国しているのだろうか。 資源国らしいがどのような・・・ タカ爺は疑問に思った。 実は、ペロリン国は海の幸、山の幸という海産物や農産物の資源が豊富だった。 特に、きのこがたくさん取れる。 一般的に庶民が気軽に買い求めるのは「ウスペロ」というきのこで、日本のシイタケより大量に発生するので何処の家でも必ず食卓にのぼる。 味も香りも良く、もし日本に来れば高級食材の仲間入りは間違えない。91


     輸出していないので知られていないが、日本人が知ったらペロリと平らげてしまう事だろう。 しかもそのきのこは、手間をかけて栽培するのでなく、ほとんど世話要らずで、雨さえ降れば必ず出てくる。 国民は自然の恵みに感謝していた。 苦労しないで良い食材が豊富に手に入るというのは本当に羨ましい限りである。 乾燥して保存も効くし調理法も数多い。 45


     子供達は毎日のようにウスペロを頬張り、食材に感謝する教育を受けて育ったペロリン人である。 実は、ウスペロを食べると、薄ら笑いが出る特徴があった。 病める時も悲しい時も、いつでも薄ら笑いを浮かべる、世界一幸せな国民だったのである。275 

スポンサーサイト

リピーター

     リピーターになってくれる人がいるのは嬉しい事だ。 意外にもタカ爺の占いのリピーターがいる。 なんと再来したのは、あの情報を大切にする中年女だ。 何でも聞き出すのを楽しみに生きていたはずだが、今日は落ち込んでいる様子だ。 彼女のように探偵ごっこをやっていると、人間の汚い部分を見る羽目にでも陥ったのだろうか。8


     聞き出す楽しみと同時に何か不快感を味わったのだろうか。 彼女は席につくと、「趣味のサークル活動が分裂し、抜け出した方が良いか留まったほうが良いか、身の振り方に迷っています」というのだ。 それを占いで聞くとは何だか高校生みたいだなと、タカ爺は思った。442 


     タカ爺が占うと、「あなたはこれまで続けてきた事をやると出ている。 ワシの意見になるが、冷却期間を置いても良いのではないかな」と言った。 「サークルから離れても同じ環境が見つかるのでどちらを選んでも結果は同じのようじゃ」と、続けた。 それでも彼女は決断がつかないようだ。 慣れ親しんだ仲間の事も気になり、やめてしまってはもったいない、新天地となると面倒という気持ちがある。 「同じメンバーでなく、別のメンバーでも同じ環境を作り出すから大丈夫。 占いにそう出ている」と、タカ爺は答えた。382 


     何のサークルか知らないが、部活ならぬママさんバレーじゃないだろうな、とタカ爺は思った。 それでも彼女は勇気付けられたようだった。 結果をあれこれ考えずに、漠然とやるべき事に邁進していれば良いのだと言われ晴れ晴れとした。 また趣味と同時に、活発に情報活動を楽しむであろう324

未来は夢

     二人の若くて可愛い女の子が仲良く占ってもらいにきた。 真面目に学業を終え、OLをやって長くはなさそうだ。 おそらく同期の入社なのであろう。 どちらも幸せそうで、きちんとした服装で、しっとりした上品な振る舞いであった。 二人は海外旅行の計画でも立て、楽しみを持とうとしている感じがする。367 


     若いのでどんな将来が待ちうけているのか、全くの未知数である。 親を煩わせたりしない感じで、どちらも本当に良い子だ。 不思議な力が舞い降りたかのようにタカ爺はパワー全開で、いつもの倍の力が出る気がした。 路上の片隅に座っていた甲斐があるというものである。 「お願いします」と言われて、タカ爺の気持ちは軽やかになり、これまでの嫌な事が吹き飛ぶ感じがした。 278


     まず一人の子の手相を見た。 ところが自分の占いを疑いたくなった。 波瀾の人生を送ると出ている。 彼女の人相は良いのだが、名前も生年月日も、どれを見ても同様であった。 信じられないが、少し苦労を重ねそうである。 彼女はどんな事を言われるか、ちょっと楽しみにしているようなだけにタカ爺は口篭もってしまった。 「ウーン」とタカ爺はうなった。 無意味な占いの結果にはしたくなかった。341


     沈黙の後「結婚は27歳くらいで相手が現れそうじゃ。 リスクを背負いながら懸命チャレンジして生きる人もいるが、あなたもその一人のようじゃ。 経済的に波瀾があるようだな。 人生は冒険じゃよ。 色々な事に直面しながら、運命を切り開いて行くと出ておる。 それでも幸せな結婚と言えそうじゃ」と、タカ爺は言った。 タカ爺は、そう云うワシの人生は賭けであった、賭けに夢中になった、賭けが辞められない人生、と振りかえりつつ。


タカ爺のCM  <a href="http://doctors-club.com/">ドクターズクラブ銀座</a>の紹介をしておこう。 どんな時にも、希望はあると思っておるぞ。 恐れず、そっとチャレンジしてみよう。 運命を切り開いて幸運を引き寄せておくれ。
 

変化の兆し

     グローバル化する社会。 タカ爺の自宅周辺にも外国人が住んでいる。 都会に外国人は珍しくなかったし、大勢の外国人のいる地域は限られていた。 今は様変わりだ。 タカ爺は自宅周辺に住んでいる外国人を見かけるようになった。 少し前までインド、アラブ系の人達はこの地域の集合住宅にはいなかった。 イスラム教のスカーフをしている人や、中国、ベトナムの家族がまばらに増えているのは気付いていた。 それにしても、アラブ系の全身を黒い布で覆って歩く人が現れたのには驚きだ。534


     時代は変わった。 彼女は近くのスーパーで買い物をし、子供を保育園に通わせているのをタカ爺は数回見かけた。 ある日、タカ爺は偶然近所のフリーマーケットをやっている所に通りかかると、あのアラブ系らしき一家が色々な物を買っている姿を見た。 目を見ると、かなり主張の強そうな感じだ。 できる限り安く買おうと、手振り身振りを混ぜた露骨な値切り方に迫力がある。337


     日本に住む違い、国際感覚、優雅さは感じられない。 ただ同然の安さで手に入れようとする勢いが強烈だ。 夫らしき男は、持ちきれないほどの品物をサンタクロースのように大きな袋に入れていた。 どこの国の人かは解らないが、石油の恩恵をこうむっていないな、とタカ爺は思った。 おそらく、女は脂ぎったギラギラした顔を布で隠して、毛穴の黒ずみ、毛穴のひらき、角栓、小鼻のザラザラと云った日本人のお肌の悩みを欲の深さで上塗りしているのではないか。290


     そう思って、クスッとタカ爺は笑った。 袋を抱える夫に「あら、サンタさん」と言いたい気がしたが、「サンタじゃなくてアッラーか?」と思い直すのであった。


タカ爺のCM  


<a href="http://www.biq.jp/pc/prod01/prod-ww.html">黒ずみ・角栓すっきり「ホワイトウォッシュ」</a>美肌洗顔リキッド「ホワイトウォッシュ」のお薦めじゃ。 彼女は特別欲の皮も落ちるかも知れぬ。 ワシは、優しく潤いのある美肌の人が好きなのじゃ。

国王の健康

     ペロリン国王は気が短くて冷酷な性格だった。 バカみたいな顔をしているが、やはりいくらかバカだった。 だから仕える者達は緊張でいつも顔が青ざめていた。 ペロリン国について詳しく知っている人は少ないが、誰でも行ってみたいと思う国ではないし、行く価値はなかった。 極めて閉鎖的で情報が少なく、事実上鎖国状態のようになっている。283 


     国王はイギリス王室や日本の皇室を参考にしているがその品格はほど遠い。 国民は飢えても王は肥満体質なので、ダイエットに関心を持ち、もう少し社交ダンスを軽やかにこなしたいと思っている。 その為漢方薬や有効なサプリも数多く試している。 合間をみてヨガ体操をやっているが難しいポーズに挑戦している。 両足を軽く開きその間に頭を入れ、そのまま頭を自分の背中の方向へと押し上げて、自分のお尻を見るポーズを練習しているのだ。 ウエストが大きいので前かがみも楽ではないのだが・・・508


     この頃ペロリン人がタカ爺の前に現れるが、何か目的があるのか、偶然なのか。 どうやら彼らは、タカ爺が開発している青汁やサプリ、媚薬に興味があるらしい。 タカ爺が気の向くままに次から次へと実験しているサプリや、売りだし中のCDやアロマも、とりあえず何でも良いから国王の為にペロリン人が手に入れているのだった。319 


     その情報を欲しがるペロリン人がタカ爺から目を離さないでいる。 こんな風に思いがけずタカ爺が輝く瞬間のある事を誰も知らない。 タカ爺がそれを知ったら特別なのを用意するのだが、タカ爺は生命の危機にさらされるほど、ペロリン人が迫っているとは夢にも思っていなかった。 


 タカ爺のCM  健康や美肌を目指すなら<ahref="http://kenko.proact.jp/">ダイエット&サプリメント通販</a>があるのが、ワシの試作より完成品じゃ。 真っ先に試してみよ。 この情報社会の中、諸外国の人間にもお薦めじゃ。  国王にも!

魅力の資産家

     タカ爺の占いの近くに宝くじ売り場があり、裕福そうな中年女性が宝くじを買ってから、こちらに向かって来た。 花に例えるとダリアのように情熱的で派手さのある人だ。 人目を引く。 劇場でオペラグラスを閉じるように、カバンにさっと宝くじをいれた。 彼女は待ち合わせに時間があるので宝くじを買い、タカ爺を見ると占ってもらう気になった。 何か聞ければそれで良いという感じだ。242


     見た目も彼女の影響力は強かったが、占ってびっくり。 こんな人生もあるのか。 タカ爺は、彼女に波瀾もあったようだが非常に幸せな人生だと感心した。 生きる内容の濃い人生だからだ。 それは美貌も手伝い、国際感覚を持って活躍した事のある人。 彼女は、今後も幸せに充実した人生であると占いに出た。 「政治に深い関心がおありのようじゃな。 しかも、あなたの資産運用はしっかりしておる」とタカ爺は言った。 国はどうでも良いのじゃ、とタカ爺は内心思ったが、彼女の関心事を占った。257 


     数ヶ月後に大規模なテロがあり、地震などの災害が各地で起きると出た。 人は悪いニュースを聞いて、自分の気持ちを引き締めたいと思う場合がある。 ある意味備えを万全にしておこうかという警告を聞く効果もある。 「日本経済が危ういようだが、国は財政難のようで、実は資産を隠し持っておる」と言うと、この内容に彼女は納得した。42


     彼女はこだわっていないが、凄い資産がついてまわっているようだ。 彼女が去る時、タカ爺は最高の紳士で、外国映画に出てくる美女をエスコートする気の利いた男のような気分になった。 素晴らしい彼女が去る姿を見送りながら、思わずついていきたい衝動の余韻を残し、小さなため息をついた。 羨ましい限りじゃ。


 タカ爺のCM 資産対策なら不動産コンサルタント を紹介しよう。 彼女みたいに余裕があると運命は変わる。  幸せの手助けになるのを願っておるぞ。

妻のパートナー

     占いの客に人妻がいた。 浅黒い東南アジア系の人かと思ったら日本人で、夫の暴力で悩んでいるらしい。 彼女は思いつめているので、なんと可愛そうな人だ!とタカ爺は思った。 夫はどういうつもりでいるのだ。 彼女が無意味な人生を送る事に、気の毒なあまり怒りすら覚えた。 こういう問題は、本当は占うという種類の事ではない。 「あなたは自力で衣食住を獲得できると占いに出ておる。 ご主人はサラリーマン?」と言った。 「はい。 動物園の飼育係をしています」と搾り出すような声でうつむいたまま言った。15 


     「恐れる事はない。 あなたが一番求める事を自分で明確に出来ますか?」と、タカ爺は言った。 それを言われた時、人妻は雲の間から光を見出し、小鳥がさえずるような明るい光景が心によぎった。 「私が求めるのは自由だわ」と言って、下ばかり向いていた顔を上げ、口元に当てていたハンカチをおろした。433 


     彼女の顔を見てタカ爺は驚いた。 チンパンジーのような大きな口をしていたからだ。 「有り難う御座います」と、低くうなるような声で人妻はお礼を言った。 立ち上がると肉付きの良い姿で、気のせいかノシノシと大きな手を打ちながら歩き出していった感じがした。 体重があっても、長い両手を広げて、木から木へと「キーッ」と叫びながら渡り歩くようなイメージである。 タカ爺は、彼女が自由を求めるのは当然のような気がした。 285


     タカ爺は一人、深いため息をついた。 夫は自分の妻が誰かに奪われる恐れがないので、勝手な振る舞いをするのか、仕事と勘違いしているのか・・・ 思わず、そばにあったペットボトルのお茶をグイと飲み干すのだった。


タカ爺のCM  婚情報サービス「パートナーエージェント」の紹介じゃ。 納得のゆく結婚を願っておるぞ。  もし良かったら<a href="http://www.p-a.jp/party/index.html">パートナーエージェントのパーティ・会場</a>へ出向いてごらん。

ファッション

     タカ爺はこう見えてもファッションにこだわりを持つ方で、若い時から男のセクシーさは意識していた。 誰でも少しは人目を気にするが、自分のセクシーさを高めたいのは同じだろう。 しかし、年齢と共に若さとセクシーさは失われていくのである。 暫くぶりにあった人がかなり歳を重ねたと感じるということは、自分も同様に老いているのだと思い知らされる。 あまり良い気はしない。 208


     占いの仕事に出る時のファッションはユニホームみたいなもので、個性を表現するのではないがすっかり板についた。 占い師らしい装いで清潔感を出すのを心掛けているが、根がスケベなので・・・ しかし普段に着る服というと、なかなか気に入ったのが無い。 ジーパンは若すぎるし、スエットウエアは西洋人のように足が長くないので似合わない。 上に着るのがゴルフウエア風のシャツなら、下が綿のパンツというコーディネイトだが、やはり若さにはかなわない。91 


     カジュアル服で見栄えがするのはないだろうか。 タカ爺は夏になると甚平を着るので、その延長で、剣道義を利用してみた。 袴の全体の幅を狭めて切り落とし、裾にゴムを通して絞り風通しが良く重ね着もできる。 ウエストがフリーサイズで動いた時何処もつれないので動きやすい。 昔のモンペをたっぷりさせたのを連想するとピンとくる。 やや水戸光圀のようなイメージ。 上着は、前身ごろをホックで止めて袖をやや細くする。 寒い時には下にセーターを着られる。 ブータンの民族衣装のような感じである。 


     オリジナルファッションであるが、占い師タカブランドで世界的ファッション界にデビューできるかも。 ワシのセンス時代を一歩リードしているのじゃ、とご機嫌である。


 タカ爺のCM  各国のハイセンスなセレクトショップ
デザイナー・クリエイターこだわりのショップ!世界中から魅力ある
ファッション ・ライフスタイルを集めたワールドショッピングサイトCHARMWORLD の紹介じゃ。


プロフィール

マドンナお吟

Author:マドンナお吟
年齢不詳で正体不明

フリーエリア
クリックしてね!

リンク
最新の記事
 
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
最近のトラックバック
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。